【名店めぐり】鎮守の森 白飯進む「にんにくかつ」

買う・食べる@木曜日 街ナビ

にんにくかつ定食

他の写真を見る
【2017年4月20日紙面掲載】
 みじん切りにしたニンニクを、豚ロース肉で挟んで揚げた「にんにくかつ」(950円、定食1250円)が名物。店主の吉田昭光(しょうこう)さん(65)が、「食べて元気になれる、オリジナルメニューになれば」という思いから考案し、人気に火が付いた。

 一口頰張ると、衣はサクッと香ばしく、豚肉はジューシーで軟らかい。火を通して甘くなったニンニクの風味と、こくがあるのに後味はさっぱりとしたソースの相性に、白飯がどんどん進む。

 創業は1975年。厳選した山形県産の米沢豚を使ったとんかつが地元客に愛されてきた。秘伝のソースは、リンゴやニンジン、タマネギなどたくさんの野菜と果物を使い、3時間じっくり煮込んでいる。

 メニューには、女性ファンの多いチーズや梅肉を挟んだとんかつもある。吉田さんは「開店当時から通ってくれる人もいる。のれんを大切に守っていきたい」。

とんかつの店 鎮守の森

住所:川崎市中原区新丸子東1の837の9、飯田ビル1階
アクセス:東急東横線新丸子駅徒歩3分
営業時間:午前11時半~午後2時半、同6時~9時半
電話:044(433)0148
備考:木曜休み

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR