工大が18得点し大勝 神奈川大学野球春季リーグ

 神奈川工大-松蔭大の3回戦1試合が3日、神奈川工大KAITスタジアムで行われ、工大が18-0で松蔭大を下して勝ち点を挙げた。

 工大は六回に安齊颯一朗(4年)の中前適時打などで4点を先制すると、6点リードの九回には3本塁打などで一挙12得点。先発の島村純平(同)は6安打完封した。

 第2週第1日は8日、横浜スタジアムで横浜商大-桐蔭横浜大、関東学院大-松蔭大の各1回戦を行う。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR