桐蔭大、白星スタート|カナロコ|神奈川新聞ニュース

桐蔭大、白星スタート

 神奈川大学野球春季リーグが1日、横浜スタジアムで開幕した。神奈川大-桐蔭横浜大、神奈川工大-松蔭大の1回戦2試合を行い、2季ぶりのリーグ制覇を狙う桐蔭大が11-6で昨秋王者の神大を下したほか、6季ぶりに1部に昇格した松蔭大が延長十回タイブレークの末に2-1で勝利した。

 桐蔭大はルーキー渡部健人が4-4の二回に勝ち越しの左越え二塁打を放つなど、2安打3打点と活躍した。

 第1週第2日は2日、同スタジアムで松蔭大-工大、桐蔭大-神大の2回戦を行う。

大型新人 打線導く桐蔭大
 昨年の春秋王者が顔を合わせた開幕戦。先勝したのは昨秋5位に沈んだ桐蔭横浜大だった。

 大型新人がデビュー戦でやってのけた。初回から乱打戦となった4-4の二回1死一、二塁。入学早々4番を任された1年渡部が...

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR