子どもにオペラを 25日公演 NPOが協力募る 横浜

上演される「ロはロボットのロ」(こんにゃく座提供)

 福祉作業所のパン店やカフェを運営するNPO法人「ぷかぷか」(横浜市緑区)などが、子どもが楽しめるオペラ鑑賞を企画、地域住民らに協力を呼び掛けている。主催者は「夢の世界を堪能できるオペラをぜひプレゼントしたい」と話す。

 公演は25日、緑区のみどりアートパークホールで開かれる。オペラシアター「こんにゃく座」が「ロ(ろ)はロボットのロ(ろ)」を上演。旅をするパン製造のロボットと、人間との温かい交流を演じる。

 昨年に続き、2回目の開催。同法人代表の高崎明さん(67)は「子どもの反応が非常にいい。大人が地域の子どもたちのために力を貸し、未来に希望を持てるような街づくりにつながれば」と話す。

 午後2時開演。大人4千円(寄付金付き5千円)、中高生2千円に対し、小学生以下は500円と格安で販売する。ぷかぷかの各店舗で寄付を募集するほか、チケット販売やチラシ配布などの協力も募っている。問い合わせは、ぷかぷか電話045(453)8511。 

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR