夜空へあの日思うまちぐるみ消灯 相模原で 東日本大震災6年|カナロコ|神奈川新聞ニュース

夜空へあの日思うまちぐるみ消灯 相模原で 東日本大震災6年

 東日本大震災当時を思い起こし、まちぐるみで消灯し星空を見上げる催し「町田市・相模原市ライトダウン~まちだ・さがみはら絆(ばん)・創(そう)・光(こう)」が今年も11日に行われる。東京都町田市と連携して、当日の午後7時から8時までの1時間、支障のない範囲での一斉消灯(ライトダウン)を市民と事業者に呼び掛けている。

 2013年から始まり、今回で5回目。星空を見上げて、震災からの復興のさらなる前進を祈り、節電など各自ができることを考え、省エネ行動につなげていこうという試み。

 相模原市では今回初めて市ホームページで参加施設を紹介。市に登録申し込みをした10事業所が「店舗外周の照明を消灯します」「一部看板照明を落とします」などのメッセージを寄せている。

 問い合わせは、市環境政策課電話042(769)8240。

PR