緊急支援の推進、修正素案に追加 県犯罪被害者支援計画

神奈川県庁

 県は1日、県犯罪被害者等支援推進計画の修正素案を県議会防災警察常任委員会で報告した。死傷者が多数に及ぶなどの重大事案が発生した場合の緊急支援の推進を新たに計画素案に盛り込んだ。

 19人が刺殺されるなどした昨年7月の相模原障害者施設殺傷事件では、直接的な被害者だけでなく、目撃者なども含めて支援対象としたことを踏まえ、重大事案ではかながわ犯罪被害者サポートステーションなどでの支援について「柔軟に対応」することを含めた。

 同計画の進捗(しんちょく)や同事件の被害者支援を検証した検討委員会の報告を受け、計画に反映させる狙い。素案は今月中にパブリックコメント(意見公募)を開始する。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR