ミシュラン料理人が給食 横須賀|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ミシュラン料理人が給食 横須賀

奥田さん(中央)と談笑しながら、本格的な和食の給食を味わう子どもたち=横須賀市立諏訪小学校

 子どもたちに和食の素晴らしさを知ってもらおうと、レストラン格付け本「ミシュランガイド」に掲載された日本料理店の料理人が献立を考えた給食が27日、横須賀市立諏訪小学校(同市小川町)で提供された。

 和食料理人や食品メーカーでつくる「和食給食応援団」の事業の一環。「銀座 小十」(東京都)の料理人の奥田透さんが同校を訪れ、サワラのゆうあん焼き、筑前煮、すまし汁などの調理を指導した。

 給食の時間には、6年生を前に奥田さんが献立で工夫した点を説明。キャベツとダイコンは地元産を使っていることを挙げ、「食材に恵まれた地域の良さを知ってもらえれば」と呼び掛けた。

 地元選出で自民党農林部会長の小泉進次郎衆院議員も同席。昆布とカツオのだしの香りが漂う中、子どもたちは本格的な和食を味わった。普段は洋食が好きという6年の児童(12)は「魚の味がいつもと少し違っていて、おいしかった」と話していた。

PR