県議会、タブレット端末導入|カナロコ|神奈川新聞ニュース

県議会、タブレット端末導入

タブレット端末を導入した県議会

 県議会は13日開会の第1回定例会から、議員向けのタブレット端末を導入した。

 議会改革の一環で、議案書や関連資料をデータ化しタブレットで閲覧できるようにすることでペーパーレス化を進め、印刷費の削減や事務の効率化を図る。

 さらに議員の政策立案の支援や調査機能の充実、議会局との情報共有も目的としている。タブレット端末のリース代やネットワーク整備費など関連経費は年間約5600万円。

 県内議会では逗子市や南足柄市などがタブレット端末を導入している。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR