大山道テーマに3市長らシンポ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

大山道テーマに3市長らシンポ

 江戸時代、関東各地と伊勢原市の大山を結んだ大山道をテーマにした「まちづくりサミット」が2月11日、伊勢原市上粕屋の産業能率大学湘南キャンパスで開かれる。

 市が主催し、5回目。「“おおやまみち”の歴史を共に後世へ」を演題に大山道が通る伊勢原、秦野、鎌倉の3市長と、厚木、藤沢の2副市長によるシンポジウムを開催。また、東京都大田区で活動する大山講の世話人による講の紹介や講の側から見た大山の魅力について基調講演も行われる。

 定員は750人で事前申し込み不要。入場無料。午後1時から同3時50分まで。市外からの参加も可能。問い合わせは、市商工観光振興課電話0463(94)4711。

PR