七沢リハ病院、葵会に移譲へ 県が決定|カナロコ|神奈川新聞ニュース

七沢リハ病院、葵会に移譲へ 県が決定

 県は2日、3月末に廃止される七沢リハビリテーション病院脳血管センター(厚木市)の移譲先に医療法人社団「葵会」(東京都千代田区)が決定したと発表した。移譲額は土地・建物合わせ10億1千万円。

 昨年11月、「病床を回復期の病床とし、100床以上を脳血管疾患の病床とする」などの条件で移譲先事業者を公募し、葵会1件の応募があった。リハビリテーション科のある病院運営や、リハビリに関するノウハウ・人材を有している点などが評価された。県は今月開会する県議会定例会に不動産処分議案を提案し、4月に葵会に移譲する予定。

 同センターの廃止は、県総合リハビリテーションセンター(同市)の再整備に伴う措置。脳血管疾患に関わる機能は、神奈川リハビリテーション病院(同)に統合する。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR