福島原発事故費用の国民負担(2)安い電力を買えなくなる!?

女性自身

福島原発事故費用の国民負担(2)安い電力を買えなくなる!?(写真:女性自身)

 今回の福島原発事故処理費用の国民負担策は、20年から始まる本格的な電力自由化の妨げになっている側面がある。

 そこでは必要なコストをすべて原価に組み入れて電気料金に反映できる〝総括原価方式〟が撤廃され、各電力会社は自由に電気料金を設定できるようになる。つまり、より安い電気を提供できる事業者に顧客が流れる可能性があるわけだ。

 経産省が、託送金に事故処理費用を上乗せするシステムの構築を急いだのには、20年に送配電事業も完全に分離されることが、大きく関係している。

 「そうなると、多額の事故処理費用を抱える東電は、競争力が落ちて不利になります。だから、新電力に乗り換えた利用者も、必ず支払う託送料金に賠償費用や廃炉費用を上乗せして、広く徴収できる仕組みをつくろうと必死です」(前出・大島氏)

 本来、電力自由化は消費者にとって安い電力やクリーンな電力を使用している会社を選ぶチャンスのはずだ。そういうチャンスをつぶしかねない姑息なやり方に、新電力事業者からも抗議と疑問の声が上がっている。

 一般家庭向けに再生可能エネルギーを販売するパルシステム電力の野津秀男氏は、こう憤る。

 「新電力事業者の中には、託送料金に上乗せされた〝過去分〟の賠償額を、電気代に転化せず、かぶろうとするところもある。そうなれば、利益率が下がり、小さな事業者は新規参入しづらくなります」(野津氏)

 パルシステム電力が供給している電力は、バイオマス発電など100%原発に頼らない電気だ。

 「二度と福島のような事故を繰り返さないためには、電力自由化を進めて、消費者が求める電力を、みずから選べるようにすべきです」(野津氏)
 
取材・文/和田秀子【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。


【関連記事】
「自分たちでは何もしない...」東電元社員が告発するおごり体質
東電社員 保険証を提示した病院で診察を拒否される
「電気代が30%減る」と話題に…”東大式節電術”の極意
電気代値上げをカバーする冷凍庫の“賢い使い方”
「お得と思ったやり方、実は…」電気&ガス最新節約法

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR