地域色さまざま郷土かるた紹介|カナロコ|神奈川新聞ニュース

地域色さまざま郷土かるた紹介

海老名など各地の郷土かるたを展示=海老名市国分南の市温故館

 各地の郷土かるたを紹介する特別展が海老名市温故館(同市国分南)で開かれている。観覧無料、2月5日まで。

 特別展は、市教育委員会が1977年に発行した「海老名郷土かるた」が40年の節目を迎えたことから初めて開催。相模国分寺跡や秋葉山古墳など市内に点在する文化財や名所などを題材に市民団体が提案、これまでの史実解明により4回改定されたという。

 会場には色鮮やかな絵札の原画が並べられ、その対象物の現状を写真や地図を使って解説している。このほか所蔵する伊勢原、座間、横浜、鎌倉など13地域の郷土かるたを展示。海老名郷土かるた遊びを体験できるコーナーも設けている。

 海老名市教委は今回の特別展に合わせて、郷土かるたを身近で楽しんでもらおうと、市ホームページからダウンロードして印刷・作成できるサービスも始めた。

PR