ゆず「悲しみに寄り添いたい」 紅白リハ4日目 前半戦のトリを飾る|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ゆず「悲しみに寄り添いたい」 紅白リハ4日目 前半戦のトリを飾る

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2016/12/31 15:58 更新:2016/12/31 16:50
 横浜市出身のデュオ「ゆず」が31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた「NHK紅白歌合戦」(午後7時15分から放送)のリハーサルに登場。前半戦の最後を締めくくる「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」を力強く歌い上げた。曲は今年7月に死去した永六輔さんが作詞し、川崎市出身の歌手・坂本九さんが1963年に歌い大ヒットしたもの。「思いを歌い継ごう」とリーダーの北川悠仁(39)が曲と詞を加筆し、新しい息吹をもたらしている。

【写真特集】リハ4日目
 ゆずは、結成10年を迎えた2006年に、「時代や世代を越え歌い継がれている歌を歌うこと」をテーマに、「身曾岐(みそぎ)神社」(山梨県北杜市)で開いた「にほんのうた」コンサートで、同曲を初披露。選んだ理由について北川は、「最後に『ささやかな幸せを祈ってる』というフレーズがあるのですが、僕らの思いと通じるものがあった」と説明。さらに、「先人の思いを受け継いで、何かチャレンジができないか」と歌詞とメロディーを加えていた。

 紅白のリハーサルでは、歌詞を加える際、永さんと親交があったタレントの黒柳徹子(83)の元を訪ね、永さんが音楽に向き合う姿勢などを聞いている様子を映像で公開。くじけそうなとき、僕らの心の中には歌があるとつづる気持ちは、「悲しみに寄り添いたい」という北川の願いが込められている。

PR