重ねた日々、未来へと 「アジカン」結成20年(下)|カナロコ|神奈川新聞ニュース

重ねた日々、未来へと 「アジカン」結成20年(下)

20周年ライブのステージ。(左から)伊地知、山田、後藤、喜多

他の写真を見る
 ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション(アジカン)」の結成20年を記念したツアーが17日、幕張メッセ・イベントホール(千葉市美浜区)でスタートした。2017年1月10・11日には東京・北の丸の日本武道館で公演する。

 横浜市内の大学の軽音楽サークルで出会って20年。ドラムの伊地知(いぢち)潔(39)以外の3人は、初めて組んだバンドで、人生のほぼ半分を共にしてきた。

 ライブの始まりは、多くのファンが「初めて聴いたアジカンの曲」と振り返る人気アニメの主題歌「遥か彼方」。迫力あるイントロのベースが響くと、客席は総立ちに。プロへの一歩を刻んだアルバム「君繋ファイブエム」(03年)に収録した「アンダースタンド」で、ステージの四方を囲っていた幕が外されると、それまで表情を変えなかったベースの山田貴洋(39)が、最初に顔をほころばせた。同曲の演奏後、ギターの喜多建介(39)は握った右の拳を頭上にグッと突き上げた。会場も歓声を上げ、祝福した。

 スクリーンには、曲ごとに過去のツアーで用いた映像やミュージックビデオなどが流された。4人、そして客席にいる一人一人がアジカンの音楽とともに重ねた日々を確かめる。過去へと時間を戻す4人の写真の最後を飾ったのは、走り続けるいまの姿。数えて21枚目。20年の経験を肥やしに、続く未来への力強い思いを感じられた。

PR