横浜発祥「ナポリタン」大いに語る 評論家ら4人の座談会|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜発祥「ナポリタン」大いに語る 評論家ら4人の座談会

かながわ定食紀行特別編

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2016/12/23 12:00 更新:2016/12/23 12:00
 トマトケチャップが絡みオレンジ色に染まったスパゲティ。さっきまでフライパンの上でパチパチとはぜていたさまが見えるようです。「かながわ定食紀行」の年末恒例座談会、本年のお題はナポリタン。横浜が発祥とされる「洋食」だとは近年、よく知られるようになりました。京急線南太田駅前の名店「ぱあらー泉」に陣取り、ご主人の八亀淳也さん、日本ナポリタン学会会長の田中健介さん、大衆食愛好家の刈部山本さんのお三方をお迎えしました。席亭はもちろん、本連載を執筆してはや10年、今柊二さんです。パチパチパチ。 

1 由来は「シポラタ」


 今年たまたま田中さんとの出会いがあったのと、僕の中でナポリタンが盛り上がって。それに山本さんにお会いして喫茶店文化の素晴らしさもあって。だったら「ぱあらー泉」しかない、と伺った次第です。まずこの店の歴史を。
 1967年創業で、もうじき半世紀です。
 なんと私と同い年だ! もともとお父さんが始めたんですよね。
 そうです。元は別の喫茶店で、そこが店をやめると聞いて。うちの実家はすぐそこの「丸亀食堂」で「じゃあやろうか」と。
 はー、なるほど。
 もともと、ドンドン商店街にあったんですよ。
 ほら、新たな事実が判明した(一同笑い)。ドンドン商店街は、近くに横浜国大の清水ケ丘キャンパスがあって栄えていたの。
 元の店の名前が「泉」だったのでそのまま。
 屋号を使ったと。「パーラー丸亀」にはならなかったと。やー、初めて知った。その時のメニューはどんな感じだったんですか。
 僕の記憶では、カレーとかスパゲティとかコーヒーとか。
 飲み物とか軽食は当時から?
 はい。サンドイッチとかピラフはありました。
 なるほど。電車を降りた人がここで食べて…中継地点だったんですね。
 以前は目の前が改札口だったんですよ。ぎりぎりまでいて、電車に間に合うくらいの近さで。
 京急沿線ってそういう店多いですよね。で、いよいよ核心に迫るんですけれど、「ポラタ」はいつ頃からあるんですか?
 昔からあったと思います。
 最大のテーマ、なんで「ポラタ」っていう名前なんですか?
 デミグラスソースの中にウインナーが入った「シポラタソース」というのがあるんです。うちはウインナーとベーコン入れているので「シポラタ」。だから「ポラタ」にしたという。

 そうなんだー。
 実は僕も人づてに聞いたんです。常連のお客さんが知っていて。
 あー、お客が記憶装置だったんですね。
 聞かれてすぐ答えられるようになりました。
 あともう一つ、ここは喫茶店では珍しく、お子様ランチがありますね。
 20年くらい前でしたか、私が大学生の頃にできたと思います。
 珍しいですね。どちらかといえばお客はシニア層が中心じゃないですか。
 それが、おばあちゃんがお孫さんを連れて来ることもありまして。
 大人は注文できないんですよね。
 基本的に小学生までにしています。
 あと、人気ナンバー2がクリームあんみつ。
 昔からあります。
 この辺の喫茶店には、私の好きだった長者町の喫茶店「たぬき」(今はない)とか、八幡町の「カメヤ」とか。あんみつ系が必ずあるんですけど、じゃあ、あれも昔からニーズがあったから?
 そうですね。
 喫茶店でありつつ…。
 甘味どころでありつつ。
 お子様ランチもあるという。はあ、これで聞きたいことはだいたい聞いた。用事が済んだ(笑)。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR