横浜のバンド、強い絆 「アジカン」結成20周年(上)|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜のバンド、強い絆 「アジカン」結成20周年(上)

アジアン・カンフー・ジェネレーション(左から)伊地知、後藤、山田、喜多=横浜市内のスタジオ

他の写真を見る
 ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション(アジカン)」が4月に結成20周年を迎えた。関東学院大(横浜市金沢区)の軽音楽サークルで出会った4人は、横浜にあった「CLUB24」や東京・渋谷、下北沢のライブハウスで活動を続け、2003年11月にアルバム「君繋ファイブエム」でメジャーデビュー。プロ始動10年目には、横浜スタジアムでコンサートを行うなど、誕生の地での活動を大切にしてきた。ベースの山田貴洋(39)は「僕と後藤(正文)は静岡出身だけど、アジカンは横浜で生まれたバンドということを知ってほしい」と願う。4人が思いを育んだ横浜で曲を耳にすると、ハマ風に乗った音符が跳ね、加速しているように感じられる。

 2日に40歳になったボーカル・ギターの後藤は、大学進学のとき静岡から神奈川に移住。「横浜の駅ビルがなくなったり、暮らした20年の間の変化はでかすぎるけど、街に文化の芽みたいなものがあって、東京とは別の面白さがある」と街への愛着を語る。

 大学卒業後は、練習時間と活動費用を捻出するため4人とも正社員で就職する道を選び、夢を追いかけた。ボロボロの車に機材を積み込みライブに出演した7年間の下積みでは、見向きもされず、駐車場代金の支払いに苦労したこともあった。

PR