農業改革 理解して 小泉進次郎氏、川崎で講演|カナロコ|神奈川新聞ニュース

農業改革 理解して 小泉進次郎氏、川崎で講演

 自民党の小泉進次郎農林部会長(衆院11区)は6日、川崎市宮前区のJAセレサ川崎本店で開かれた総代研修会で講演し、「一連の農業改革は農協の皆さんやJAグループに対し、『農家のために』という原点回帰を求めたものだと思っていただきたい」と述べ、政府・与党が進める農業改革に対する理解を求めた。

 小泉氏は、党の農林水産業骨太方針策定プロジェクトチーム(PT)の委員長として、環太平洋連携協定(TPP)発効を見据えた農業改革を行うための「農業競争力強化プログラム」をまとめた。政府は11月、これを基に農業改革方針を決定した。

 講演で小泉氏は、生産資材の値下げに向け、全国農業協同組合連合会(JA全農)に購買事業を見直すよう求めるなどしたプログラムの内容を説明。「これからも農家の皆さんが報われるような結果を出していくための後押しをして、一緒になって日本の農業を良くしたい」と強調した。 

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR