従来と異なる電動化 日産新型HV「ノート」発売 駆動は全てモーター|カナロコ|神奈川新聞ニュース

従来と異なる電動化 日産新型HV「ノート」発売 駆動は全てモーター

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2016/11/03 02:00 更新:2016/11/03 02:00
 日産自動車(横浜市西区)は2日、ハイブリッド化を図った新型「ノート」を発表し、全国販売を開始した。新たな駆動システム「e-POWER(イー・パワー)」を搭載し、燃費性能は、エアコンがないモデルの場合、小型車でクラス国内最高のガソリン1リットルあたり37・2キロを達成。同日、西川廣人・共同CEO(最高経営責任者)は「電気自動車(EV)技術を駆使し、従来のハイブリッド車(HV)と全く異なった電動化を実現させた。日本市場での存在感をさらに上げていきたい」と述べた。

 今回のマイナーチェンジの最大の特徴の一つが、イー・パワーの採用を通じ、日系メーカーとして量産小型車で初めて「シリーズハイブリッド」と呼ばれるHV技術を導入したこと。車載ガソリンエンジンが発電のためのみ稼働し、生じた電力を内部バッテリーに充電。駆動は全てモーターで行う。そのため「外部電力からの充電を必要とせず、電気自動車のような力強くレスポンスの良い加速と優れた静粛性を実現した」と同社。

 同社EVの代名詞といえる「リーフ」で磨いたノウハウも多く活用。走行モードによって、アクセルペダルの踏み戻しのみで加減速の調整が行えるよう、モーターに抵抗を与える制御技術を工夫。また、リーフのインバーターやモーターなどを転用することでコスト面でも競争力を高めた。

 燃費性能は競合のトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」を超えて首位となったほか、同社は「ガソリン満タンで1000キロ程度は走れる」...

PR