2人殺害の被告に死刑求刑、県内裁判員裁判で初/横浜地裁|カナロコ|神奈川新聞ニュース

2人殺害の被告に死刑求刑、県内裁判員裁判で初/横浜地裁

マージャン店経営のトラブルで男性2人を殺害、切断遺体を遺棄したとして、強盗殺人罪などに問われた住所不定、無職池田容之被告(32)の裁判員裁判が10日、横浜地裁(朝山芳史裁判長)であり、検察側は論告で「殺害方法は極めて冷酷非情」として死刑を求刑した。弁護側は「被告は事件と誠実に向き合ってきた」と死刑回避を訴え、池田被告は「遺族に謝罪したい。どのような判決でも刑に服す」と述べ、結審した。

裁判員裁判の死刑求刑は、東京都の耳かき店店員ら2人殺害事件を審理した東京地裁公判に次いで全国2例目で、県内では初めて。起訴内容に争いはなく、裁判員と裁判官は11日から3日間で予定される評議で量刑を議論し、16日に判決を言い渡す。

検察側は論告で、通常は最後に告げる求刑を冒頭で述べた上で、最高裁が死刑選択の基準を示した「永山基準」を説明。重視すべき点として「生きたまま首を電動切断機で切るなど極めて残虐で、人間の所業とは思えない」「遺族の処罰感情は峻烈(しゅんれつ)で最大限考慮されるべき」と述べ、死刑判決が妥当と強調した。

弁護側は「死刑は究極の刑罰。躊躇(ちゅうちょ)する事情が一点でもないか考えてほしい」と指摘。自首による刑の減軽を求めたほか、「事件当時も葛藤(かっとう)や躊躇があり、冷酷な殺人機械ではない。逮捕後は遺族のためにすべてを話し、事件と誠実に向き合ってきた」と酌むべき点を挙げた。「今までの死刑基準にこだわることなく、裁判員の良心に従って判断してほしい。被告には人間性が残っている。死刑にすべきではない」と訴えた。

殺害された男性=当時(36)=の母親は、被害者参加制度を利用し、代理人弁護士を通じて死刑を求める意見を述べた。

起訴状などによると、池田被告は昨年6月、近藤剛郎容疑者(26)=強盗殺人容疑などで国際手配中=らと共謀し、マージャン店経営者ら男性2人を千葉県内のホテルに監禁、約1340万円を奪って殺害し、切断した遺体を横浜市金沢区沖の東京湾などに遺棄した、としている。

【】

PR