沿線や車両基地 親子17人が見学|カナロコ|神奈川新聞ニュース

沿線や車両基地 親子17人が見学

シーサイドライン

シーサイドラインの車両基地で説明を聞く参加者=横浜市金沢区

 横浜シーサイドライン(横浜市金沢区)は10日、沿線の魅力を紹介する「プレミアム探検ツアー」を実施した。15回目となる今回は、小学1~6年生と保護者の計17人が参加。普段なかなか入ることのできない車両基地を見学するなど、夏休みの楽しい一日を過ごした。

 地域への誘客や活性化を狙った企画。一行は新杉田駅から特別列車に乗って並木中央駅そばの車両基地へ移動し、車内から車両を洗浄する様子を見学。通常の鉄道と異なり、道路のような軌道上をゴム製のタイヤによって走行していることや、車両に記載された番号の意味などの説明を、興味深そうに聞いていた。また、市内で唯一、海水浴場のある海の公園で、ライフセービングも体験した。

 福島県石川町から横浜市内の実家に帰省中という遠藤貴子さん(37)は小6の瑠衣さん(12)、小2の璃央さん(7)を連れて参加。璃央さんは「洗車機みたいに、電車を洗うところが面白かった」と笑顔で話していた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR