放置されていた火災船撤去へ 川崎港の市営埠頭|カナロコ|神奈川新聞ニュース

放置されていた火災船撤去へ 川崎港の市営埠頭

火災で焼け放置されている貨物船=市営埠頭

 川崎港の市営埠頭(ふとう)(川崎区千鳥町)で昨年11月に火災で焼けた貨物船(カンボジア船籍、1514トン)が半年以上、放置されていたが、近く撤去される見込みとなった。

 火災は11月12日未明、同埠頭3号係船桟橋に停泊中の貨物船の積み荷のくず鉄付近から出火した。船は中国の船会社が運航していたが、自力航行できず、同桟橋が使えない状況。市港湾局は船舶代理店(川崎区)に船の移動を求めていたが、船舶代理店は「手続きを行っただけ。船会社は『火災の責任はない』と移送を拒否している」といい、放置状態が続いていた。

 しかし、最近になって船舶代理店が「移動のための手続きなど準備を進めている。手配ができ次第、移動、処分していきたい」と話し、近く撤去される見通しとなった。

PR