貧困の現状記す本紹介 戸塚・情報ライブラリ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

貧困の現状記す本紹介 戸塚・情報ライブラリ

貧困をテーマにした本を紹介するコーナー=男女共同参画センター横浜

 横浜市戸塚区の男女共同参画センター横浜の情報ライブラリで、貧困の現状や解決への取り組みについて書かれた本を紹介するコーナーが設けられている。14日まで。

 テーマは「『わたしたち』の問題として考える貧困」。企画した担当者は「貧困の現状を自分たちの問題として考えることで、解決の糸口を探る次への行動を起こしやすくなる」と話す。

 コーナーにはシングルマザーや若年女性だけではなく、子どもや高齢者の貧困の現状などを記した本や雑誌、60冊以上が並ぶ。ホームレスらの自立を支援する社会福祉協議会の取り組みを解説する漫画や、貧困から抜け出すためのマネー術を指南する本もある。

 いずれの本も同センター横浜、横浜南、横浜北の3館で貸し出し可能。問い合わせは、同センター横浜電話045(862)5056。

PR