【動画】弘道会本部を家宅捜索 神奈川県警|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【動画】弘道会本部を家宅捜索 神奈川県警

弘道会本部に入る捜査員=名古屋市中村区

他の写真を見る
 県警は1日、指定暴力団山口組弘道会系の幹部ら3人を建造物侵入容疑で逮捕した事件の関係先として、名古屋市の弘道会本部を家宅捜索した。弘道会は山口組の中核組織で、篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体。県警が同本部を捜索したのは初めて。

 捜査員51人が午後0時20分ごろ本部ビルに入り、約35分間写真を撮影したり、幹部から事情を聴いたりした。

 県警暴力団対策課によると、3人は八王子市にある組の幹部2人と組員。3月4日午後、対立する神戸山口組系の組長宅を探すため相模原市緑区のマンション敷地内に侵入した。

住宅街に緊迫感漂い


 車で巡回する組員が不審者に声を掛け、別の組員はこわばった表情で出入りする。名古屋城の西約5キロ、静かな住宅街の一角に立つ弘道会本部ビル。隣接する駐車場に県警車両が続々と到着すると、建物内から外をうかがっていた組員が慌てて窓を閉めるなど、物々しい雰囲気に包まれた。

 盾や電動カッターなどを手にした機動隊員が周辺を固める中、段ボールを手にした捜査員が建物の入り口へ。インターホンを押すとすぐにドアが開き、約30人が次々と中に入った。捜索中のビル内部では、組員とみられる人影が慌ただしく階段を上り下りする様子がうかがえた。

 捜索後、インターホンごしに取材に応じた男性組員は、押収品について「答えられない」と回答。捜索に立ち会った男性(46)は「話すことはない。帰って」と言葉少なだった。

 県警暴力団対策課は「県内で抗争が起きぬよう、今後も取り締まり警戒を続ける。中枢部を追及する」としている。

PR