「クロムハーツ」偽ブランド販売 県警、3容疑者逮捕|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「クロムハーツ」偽ブランド販売 県警、3容疑者逮捕

 米国の人気高級ブランド「クロムハーツ」の偽物を販売したとして、県警サイバー犯罪対策課と泉署は17日、詐欺と商標法違反(販売)などの疑いで、京都市山科区の無職の男(36)ら3人を逮捕した。

 逮捕容疑は、男は2014年1月26日、ネットオークションに偽のクロムハーツのネックレスを出品し、川崎市幸区の男性落札者に2万1千円で販売した、などとしている。別の2人は昨年8月19日、京都市のマンションに偽のクロムハーツの指輪とネックレスなど30点を販売目的で所持した、としている。

 同課によると、3人は08年から15年まで、計約2200人にクロムハーツの偽物を販売し、約1億5千万円を売り上げていた。いずれも容疑を否認している。

 また、相模原署も17日、商標法違反の疑いで、埼玉県川口市、中国籍の会社員の男(33)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年7月16日ごろ、クロムハーツの商標を付けたTシャツ1点を販売。同年9月25日ごろ、自宅に同社など9ブランドのTシャツやズボンなど計約千点を販売目的で所持した、としている。

 同署によると、男は「本物だと思っていた」と容疑を否認している。

PR