横浜巡り効率アップ 市、10月に観光バス再編強化|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜巡り効率アップ 市、10月に観光バス再編強化

9月末で「定期」廃止

観光客や市民の足として親しまれているあかいくつ(横浜市提供)

 横浜市内の観光スポットの回遊性を高めようと、市は10月に観光バス事業を再編する。横浜駅発着の野毛山動物園、三渓園、横浜赤レンガ倉庫の3路線を専用ラッピング車両で運行するほか、年間約100万人が利用する周遊バス「あかいくつ」は週末に増便する。一方、定期観光バス「横濱ベイサイドライン」は利用が低迷したため9月末で廃止する。

 市交通局によると、3路線は「野毛山動物園ライン」「赤レンガライン」「三渓園ライン」(いずれも仮称)。料金は路線バスと同額(大人現金220円・IC216円)。野毛山動物園ラインは桜木町駅前、野毛山動物園、一本松小学校のコース。土曜休日に限り、アンパンマンミュージアム入口に停車する。

 三渓園ラインは桜木町駅前、赤レンガ倉庫、中華街入口などを経由。赤レンガラインはみなとみらい21(MM21)地区を経由する。

 一方、1935年に運行開始した横濱ベイサイドラインは9月末で廃止する。市によると、年間の乗客数は約1万2千人で、毎年採算割れが続いていた。同局は「定期観光よりも自由に乗り降りできるスタイルの需要が高まってきた」と説明。「あかいくつと3ラインで効率的に横浜の観光名所を巡ってほしい」としている。

PR