時代の正体〈259〉日本会議を追う(1) 演出された改憲機運

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2016/02/16 10:13 更新:2016/07/13 20:45
  • 一部無料公開中
  • P

 真打ちの登場で会場の高揚感は最高潮に膨れ上がった。

 2015年11月10日、日本武道館(東京都千代田区)で開催された「今こそ憲法改正を!1万人大会」。大型スクリーンに安倍晋三首相が映し出され、そのビデオメッセージを1万1千人余の参加者が聞き入った。

 「来年(2016年)は日本国憲法が公布70年の節目を迎える。わが国は戦後、現行憲法のもとで自由と民主主義を守り、人権を尊重し、法を尊ぶ国として一貫して世界平和と繁栄のために貢献してきた。現行憲法の基本原理を堅持することは揺るぎないことだ」

 憲法の平和主義を骨抜きにするという世論の批判を押し切り安全保障関連法を成立させてから2カ月。そう口火を切ると、やはり「現行憲法の基本原理の堅持」とは正反対の変わらぬ憲法改正への意欲を語った。

 「他方、70年の時の流れとともに国の内も外も世の中は大きく変わった。この間、憲法は一度も改正されていないが、21世紀にふさわしい憲法を追求する時期にきていると思う。また、現行憲法は日本が占領されていた時代に占領軍の影響下でその原案が作成されたことも事実だ。憲法は国の形、未来を語るものだ。その意味において、私たち自身の手で憲法をつくって、という精神こそが新しい時代を切り開いていくことにつながる」

 国会議員に義務付けられた憲法順守義務も、憲法は権力を縛るものという基本原則たる立憲主義はここでも否定され、しかし、会場の1万人はスクリーンに向け喝采を送るのだった。

成 果

 正面のひな壇には、右に「憲法改正一〇〇〇万賛同者を拡大し国民的大議論を巻き起こそう!」、左に「国会は国民の声を受け止め、すみやかに国会発議を実現し憲法改正の国民投票を!」の垂れ幕が掛かっていた。この「国民的議論」と「国会発議」に1万人大会の狙いが浮かび上がる。

 主催したのは「美しい日本の憲法をつくる国民の会」。国内最大級の保守系組織「日本会議」が主導し、14年10月1日に設立した団体だ。

 日本会議は会員約3万8千人を数え、47都道府県本部のほか約244の支部を持つ。その運動の特徴は全国に張り巡らせたネットワークを生かした「草の根」にある。「新しい歴史教科書をつくる会」編さんの教科書の採択など、署名を集め、地方議会に働き掛け、求める政策についての決議を促すという手法でさまざまな保守運動を展開してきた。

 「国民の会」はそのうち日本会議が最大の目標とする憲法改正に特化し、取り組みを担う。「美しい日本の憲法をつくる1千万人賛同者(ネットワーク)」の拡大▽「憲法改正の早期実現を求める」国会議員署名および地方議会決議の推進▽全都道府県に「県民の会」を設立し、憲法改正の世論喚起をする広範な啓発活動の推進-の3点を目標に掲げ、中でも1千万人を目指した署名活動に力を注ぐ。

 憲法改正をめぐっては政治主導で流れがつくられていることへの批判がつきまとう。主権者たる国民から要求があり、それに応える形で発議がなされるのが本来の姿だからだ。その国民からの要求を目に見える形で示すための1千万人署名。その機運を盛り立てていくための1万人大会。安倍首相を映し出したスクリーン横には15年10月末時点の1年間の活動成果が掲げられ、「445万2921名」という数字が示されていた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR