段葛再生<5>御所焼け、大路に戦火|カナロコ|神奈川新聞ニュース

段葛再生<5>御所焼け、大路に戦火

和田合戦

和田義盛の館があったとされる一帯=鎌倉・若宮大路

 和田合戦は1213(建暦3)年5月2日申(さる)の刻(午後4時ごろ)に、和田方150の軍勢が三手に分かれて幕府御所、北条義時邸、大江広元邸を攻撃することで始まった。二代執権北条義時に挑発され、幕府創建に功のあった有力御家人和田義盛が義時打倒のため挙兵。義盛縁戚の横山一族との事前の打ち合わせでは、挙兵は3日の予定だった。同族の三浦義村が土壇場で裏切ったため攻撃が1日早まった。

 横大路(現・鶴岡八幡宮、太鼓橋前の東西の道)を進んだ和田軍は御所の四方を包囲して攻め立てた。北条泰時らが防戦した。御所の建物はすべて焼け落ちた。若宮大路(段葛)の米町(こめまち)口(現・鎌倉市大町付近)では義盛の三男・義秀と幕府軍の間で激しい戦いが繰り広げられた。

 明け方、力尽きた和田軍が海辺に退くと、泰時が軍勢を率いて若宮大路の中の下馬橋(現・二の鳥居付近)を警護した。米町辻と大町大路(今大路と若宮大路、小町大路を横断して名越切り通しへ向かう幹線道路)で合戦が続いた。

 寅(とら)の刻(午前4時ごろ)、横山党が予定通り応援に加わると和田軍は勢力を盛り返し、再び激戦が繰り広げられた。若宮大路は泰時、北条時房らが防戦、町大路、名越、大倉も幕府軍が固めていたため、和田軍はなすすべがなかった。

 酉(とり)の刻(午後6時ごろ)に最愛の息子の四男・義直が戦死すると、義盛は「声を揚げて悲哭(ひこく)し、東西に迷惑」した揚げ句に戦死。息子たちも次々に討ち取られ、一族は滅亡した。2日間の合戦の主戦場は若宮大路だった。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR