【被告人質問】(上)「首を切ったら死ぬかな」 検察側質問に少年A 川崎中1殺害|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【被告人質問】(上)「首を切ったら死ぬかな」 検察側質問に少年A 川崎中1殺害

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2016/02/03 14:26 更新:2017/03/10 15:07
 川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、市立中学1年の男子生徒=当時(13)=が殺害された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の無職少年A(19)の裁判員裁判が3日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)で開かれた。2日目となるこの日は午前10時から始まり、検察が少年Aに対し被告人質問を行った。少年は凶器となったカッターナイフで男子生徒の首を切った際「首を切ったら死ぬかな、と思った」と述べた。主なやりとりは次の通り。

検察-被告人質問



 -少年Bとの関係について聞きます。一つ下ですが、ゲーム友達ということか。

 「はい」

 -会ったのは平成26年3月ごろということだが、そうか。

 「はい」

 -少年Cと男子生徒との関係は、(同じ年の)12月以降に友達になったのか。

 「はい」

 -男子生徒とはどういう付き合いか。

 「ゲームセンターで遊んだり」

 -君の家に来たことはあるか。

 「1回くらいあると思う」

 -ゲームの話以外にはどういう話をしたか。

 「ゲーム以外にはないと思う」

 -男子生徒のことを君はなんて呼んでいたか。

 「カミソンと呼んでいました」

 -男子生徒は君のことを、さん付けだったのか、君付けだったのか。

 「君付けで呼んでいました」

 -敬語でしたか、ため口でしたか。

 「敬語のときも、ため口のときも」

 -調子に乗る、というのはため口のときのことか。

 「はい」

 -男子生徒は君にとってどういう子。

 「面白い子」

 -親しみをもっていたということか。

 「人との距離とかをつくらない感じ」

 -男子生徒はなついているということか。

 「みんな全員と」

 -全員となついているということか。

 「はい」

PR