女子中学生と覚せい剤使用 生徒と男逮捕

 女子中学生と一緒に覚せい剤を使用したとして、平塚署は26日、覚せい剤取締法違反(所持・使用)の疑いで、平塚市大神、会社員の男(22)を逮捕、同法違反(使用)の疑いで、茨城県笠間市に住む公立中学3年の女子生徒(15)を逮捕した。

 同署の調べに対し、男は「覚せい剤に興味があった」、女子生徒は「いらいらしていたので、気分がよくなりたかった」などと供述、容疑を認めている。

 逮捕容疑は、男は昨年12月31日、アパートの自室で微量の覚せい剤を所持。2人は同日、県内またはその周辺で覚せい剤を使用した、としている。

 同署によると、同日午後4時ごろ、男から「助けてくれ」との110番通報があり、署員が自室に駆けつけたところ、幻覚とみられる症状で挙動不審の2人を発見した。

 2人は昨年10月ごろに短文投稿サイト「ツイッター」で知り合い、その後、通信アプリ「LINE」(ライン)でやりとりをするようになった。女子生徒は12月ごろに家出し、事件の数日前から男と一緒にいたという。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR