市民勝手連「ミナカナ」(上) 立憲民主主義を守るため|カナロコ|神奈川新聞ニュース

市民勝手連「ミナカナ」(上) 立憲民主主義を守るため

参院選-あなたの選択は-

「ミナカナ」の結成集会で「アベ政治を許さない」と書かれたプラカードを掲げる参加者=2015年12月3日、横浜市中区

他の写真を見る
 今夏の参院選で、安倍晋三首相は「憲法改正」を争点にすると明言した。改憲は、自民党の党是であり、首相自身の悲願と目される。昨年は憲法違反と指摘された「安全保障関連法」が強行採決の末に成立した。参院選で改憲の国会発議に必要な定数3分の2以上の議席を与党が確保した場合、戦後初の憲法改正が一気に現実味を帯びる。

 政権の動きに対し、いま街場では二つの動きが加速している。アベ政治の暴走に危機感を募らせ、打倒に向けて動き出す人々。一方、政権を支持し、憲法改正へと機運を高める人々。安全保障関連法、改憲、そして安倍政権の是非が問われる国政選挙。

 あなたは安倍政権を支持しますか。それとも支持しませんか―。半年間、両者の立場から、主に市井で活動する人々を追うとともに、決戦に向けた候補予定者らのうごめきも伝えていく。



 今夏の参院選で野党共闘を呼び掛ける市民勝手連「ミナカナ」が昨年12月、結成した。

 ミナカナは「立憲民主主義を取り戻すため、野党共闘を応援する」という趣旨に賛同する市民の集まり。憲法違反と指摘された安全保障関連法が成立した後、危機感を強めた市民は手を携え、動き始めた。

暴挙

 安全保障関連法の成立から2カ月余りがたっていた。2015年12月3日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区。師走の冷たい雨が降る中、商業施設の大ホールは市民115人の熱気で満ちていた。

 最初にマイクを握ったのは、横浜弁護士会の弁護士・太田伊早子だった。

 「9月19日、安保法案が可決されて、多くの方が大変ショックを受けたと思う。私にとっても大変ショックな出来事でした。多くの人が憲法違反を叫んでいたが、簡単に通ってしまう。それが現在の日本の姿なんだ。放っておけば、誰も憲法違反の話をしなくなり、この違憲状態も憲法改正により合憲となってしまう。それが、いまそこに来る未来なんだということがはっきりと分かった」

 太田は忘れていなかった。

 「『だれももう騒がない。安保法制なんて違憲なんて言わない』と言った政府に対して、私たちの最初の思いは『悔しい』。そんな風に言わせて『悔しい』。それに反することを絶対にやりたいと思っていました」

 隣には、一貫して安保関連法に反対してきた母親らの有志団体「ママの会@神奈川」のメンバー、石井麻美がいた。石井をちらりと見た太田は再び前を向き、続けた。

 「私は、どちらかというと古いタイプで『ママの会やシールズ、かっこいいな』と思っていましたが、安保法制成立前までは特にそういった人と関わっていなかった。でも、9月19日を境に『あの人頑張っているな』ではだめだと思いました」

 「ママの会とよく一緒に活動している弁護士の武井由起子さんが、私の司法修習時代のクラスメートでして『何か一緒にやりたい、やらせてほしい』と言ったところ、『とりあえず、ママの会に一緒に来たら』ということで、ママの会の活動に参加しました。そこで、急に思い付いちゃったんですが、もしかしたら合わさって何かやれば、もっと大きなものができるんじゃないか、と。何ができるかは全然分からなかったんですね。でも『まずは1回会ってみよう』と」

 安保関連法の成立から約1カ月後の10月25日、横浜・中華街で市民らとともに円卓を囲んだ。

 「『まずはみんなで会ってみよう』と。ただ、それだけを呼び掛けただけなんですが、30~40人ぐらいの人が集まったんです」

PR