「防犯カルタ」児童が挑戦|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「防犯カルタ」児童が挑戦

防犯カルタを楽しむ児童たち=市立本町小学校

 乗りません知らない人の誘いと車-。横浜市立本町小学校(同市中区)で12日、子どもたちが「防犯カルタ」に挑戦した。1、2年生の児童30人が、楽しみながら犯罪に巻き込まれないための注意点を学んだ。

 子どものうちから防犯意識を高めてもらおうと、2004年に地元の伊勢佐木防犯指導員会が独自カルタを作成。48札のいずれにも犯罪から身を守るための方法が書かれている。

 4~6人のグループに分かれ、枚数を競い合った子どもたち。「手に提げたバックを狙うひったくり」「老人をだます『オレオレ』電話口」などと読み札が読み上げられると、真剣な表情で絵札を探し、「はい!」と元気な声を出しながら取り合っていた。

 19枚の札を取って優勝した2年生の男の子は「楽しかった。札に書いてあったことは気をつけようと思った」と話した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR