「自分を疑え」 朝井リョウ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「自分を疑え」 朝井リョウ

旬漢〈11〉

作家の朝井リョウさん

他の写真を見る
 「理由を考えなくてもいい物語を書きたかった」。
 放送25周年を迎えた人気ドラマ「世にも奇妙な物語」(フジテレビ系)のファンと公言する朝井リョウ(26)は最新作「世にも奇妙な君物語」(講談社)の中で、五つの短編を編み上げた。

 「『じゃんけんで負けたら死ぬ話しです。はい、スタート』と始めることができる自由さが、『世にも奇妙な物語』のいいところ。起こした行動と対等の理由が必ずあるべきというのは息苦しい。人生ってそういうものじゃないから。『世にも~』は突拍子がないことが起きても受け入れられる。そこに憧れた」

 日本の小説は、共感できる作品の方が評価が高いと感じている。その方が楽と思った時期もある。

 例えば、取材者からの質問いに応え、「あぁ、幼いときの経験が影響しているんですね」「気持ち分かります」と言われると居心地の悪さを覚えた。「安心できない、共感できないものに触れた方が自分の輪郭が変わるのに…。『共感します!』って、なんでそんなに自分が感じたことを正しいと思えるのか」と不思議だった。

PR