慶応大生の駅全裸騒ぎ、10人全員の審判不開始を決定 横浜家裁など|カナロコ|神奈川新聞ニュース

慶応大生の駅全裸騒ぎ、10人全員の審判不開始を決定 横浜家裁など

 慶応大学1年生の男女10人が昨年9月、駅構内で全裸で走り回ったなどとして公然わいせつの疑いで書類送検された事件で、横浜家裁などは22日までに10人全員の審判を行わない決定を出した。

 神奈川県警などによると、男子学生9人は昨年9月20日、東急東横線日吉駅構内を全裸で走り回り、女子学生1人はその様子をビデオ撮影したとして同年10月に書類送検された。10人はミス慶応コンテストなどを運営する「広告学研究会」に所属していた。

 その後、東京家裁で1月22日付で3人、横浜家裁で2月12日に6人の審判不開始を決定。残る1人は今月19日に同家裁川崎支部で同様の決定が出された。

PR