給食費を月300円値上げへ 相模原市立小中学校|カナロコ|神奈川新聞ニュース

給食費を月300円値上げへ 相模原市立小中学校

 相模原市教育委員会は3日、来年4月から市立小中学校の給食費を引き上げると発表した。消費税率8%の導入や食材費の価格高騰が理由で、完全給食の学校では小中学校ともに300円増とし、小学校は月額4300円、中学校では同4900円とする。デリバリー方式の一部中学校は15円引き上げ、1食315円となる。

 給食費の改定は、2009年4月に小学校で月額300円、中学校で同400円引き上げて以来。

 市教委によると、10年度に実際提供した給食メニューを現在作った場合、食材費が1食当たり20~36円上昇していることが分かった。市教委は「これまで献立の工夫で食材費圧縮に取り組んできたが、給食の質を維持していくことが困難な状況にある」として引き上げることを決めた。

 市内では小学校全72校と中学校7校で完全給食が行われているほか、中学校30校でランチボックスを使用したデリバリー方式による給食が実施されている。

PR