「同性愛は異常」海老名市議がツイッターで差別発言

 海老名市の鶴指真澄市議(71)=無所属=が、「同性愛は異常」「生物の根底を変える異常動物だ」などと同性愛者を差別する発言をツイッター上に投稿していたことが29日、分かった。

 鶴指市議は同日未明、自らのツイッター上で「同性愛は異常なのだ。異常人間の行動を正当化した報道はするな」「異常人間が多くなれば人類の破滅、まじめな人間をほめる方法を考えろ、異常なことをすることを取り上げる必要はない」などと発言した。

 これに対して、ツイッター上では、「差別であり、人権侵害」「謝ったり、文章を削除したくらいでは許される話ではない」「公職を即刻辞すべきだ」などと批判の声が相次いだ。

 鶴指市議は、投稿から約10時間後の29日午前11時過ぎ、再び自身のツイッターに「不適切な表現であったことを深くお詫び申し上げます」とする謝罪を投稿した。

 鶴指市議は神奈川新聞の取材に対し、「酒を飲んで酔った勢いでいたずらとしてやってしまった。軽はずみな行動、不適切な表現で深く反省している」と釈明。投稿を撤回、削除したことを明らかにした。

 同性愛や同性愛婚については「普段から深く考えていたわけではなく、ツイッター上で同性愛婚のニュースを見て、たまたま思い付いた表現を使ってしまった。同性愛は個人の自由で、本人の思いを尊重したい」と話した。

 自らの発言については「『差別発言だ』というご指摘の通りだと思う」とする一方で、「(議員辞職については)現時点では考えていない。引き続き、謝罪の気持ちを伝えていきたい」と話した。

 鶴指市議は3期目。2013年11月から14年11月まで海老名市議会副議長を務め、今月15日の同市議選で当選を果たしていた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR