時代の正体〈215〉「偏ってますが、何か」反響・上|カナロコ|神奈川新聞ニュース

時代の正体〈215〉「偏ってますが、何か」反響・上

 論説・特報面で安保法制やヘイトスピーチなどの問題を取り上げてきた「時代の正体」。この長編シリーズに寄せられる批判に対し、担当デスクが新聞週間の特集面に書いた「偏っていますが、何か」の記事がウェブ上で話題になった。ツイッターのカウンターは5千近く、フェイスブックは6千を超え、文化人らも巻き込みコメントが続く。多くは賛同の声だが、「開き直ってどうする」「新聞は公平中立であるべきだ」といった指摘もある。神奈川新聞のウェブサイト「カナロコ」を運営するデジタル編集部の記者があらためて識者と同業者らに取材、2回にわたって「メディアの役割」を考える。初回は上智大学の田島泰彦さん。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR