記憶、風化させない 坂本さん一家殺害26年|カナロコ|神奈川新聞ニュース

記憶、風化させない 坂本さん一家殺害26年

坂本弁護士一家の墓前で冥福を祈る同僚弁護士と母さちよさん(中央)=3日、鎌倉市の円覚寺

 オウム真理教の教団幹部に殺害された坂本堤弁護士一家の27回忌法要が3日、一家3人が眠る円覚寺(鎌倉市)で営まれた。弁護士仲間や高校時代の同級生ら約50人が参列。坂本弁護士の母さちよさん(83)らは墓前で静かに手を合わせて冥福を祈り、在りし日の一家をしのんだ。

 ことしは坂本弁護士と妻の都子さん、長男の龍彦ちゃんの遺体が、新潟、富山、長野の山中で発見されてから20年。この日の法要では、無事を信じて救出活動に取り組んだ同僚らが、悲惨な事件を風化させないとあらためて誓う姿があった。

 同じ事務所だった岡田尚弁護士(70)は、弁護士になって3年目で命を奪われた後輩について「悩みを抱える人に寄り添い、一緒になって解決を考える弁護士だった。(元気であれば)いい仕事をしたと思う。残念だし無念だ」と悔しさをにじませた。

PR