【動画】海老名市「ツタヤ図書館」を見る(上)

偽物を飾る「カフェ」

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2015/10/24 12:09 更新:2016/02/14 12:08
  • 一部無料公開中
  • P
 海老名に「TSUTAYA図書館」が出現した。レンタル大手ツタヤの運営会社CCCなど2社が指定管理者となり、海老名市立中央図書館を全面的に改装。書店と喫茶店スターバックスを併設した都会的な館内は今月1日の開館直後からにぎわい、貸出冊数は改装前の2倍に伸びた。だがよく見ると、大人の背丈よりも高い本棚、隅に追いやられた郷土資料、商売っ気がのぞく児童書室…。地域の知の拠点は「スタバ書店」に変わっていた。

 「まじ変わったね。かっこよすぎる」「楽しそうな本がいっぱい。一日ここで過ごしたい」。来館者が様変わりした館内を見回しながら話している。玄関を入った辺りは書店の「蔦屋(つたや)書店」で、平積みの本や雑貨類が展示されている。少し奥にはガラスケースに収められた文具類、その傍らには壁面にずらりと飾られた数十タイトルの雑誌。

 売られている本は館内ならば持ち運んで読める。スタバの席でコーヒーを飲みながら、も可能だ。「立ち読みじゃなくて座り読みができるんだね。“何とかフラペチーノ”を買ってこよう」とうれしそうに話し合う親子連れが見られる。


COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR