高層マンションから皿 落下物通報相次ぐ 武蔵小杉駅周辺|カナロコ|神奈川新聞ニュース

高層マンションから皿 落下物通報相次ぐ 武蔵小杉駅周辺

 川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺に立つ複数の超高層マンションからペットボトルや皿が落下してきた、との110番通報が相次いでいることが28日、分かった。けが人はなかったものの、中原署は悪質ないたずらの可能性もあるとみて調べている。

 同署によると、通報や相談は7月から9月にかけて4件相次いだ。今月27日午前11時25分ごろには、東急線南口近くのマンション前を歩いていた男性(44)が「ペットボトルが落ちてきた」と通報。落下音に気付いて振り返ったところ、市道の中央分離帯付近で330~500ミリリットル入りのペットボトル3本が大きく跳ね上がっていたという。

 このマンション前では、24日午後にも陶器製の皿が落下し路上で割れるのを通行人の男性(35)が目撃、110番通報していた。

 また、200メートルほど離れた別のマンション敷地内では7月下旬と8月上旬の2度、空のペットボトルが落下してきたとの通報や相談が寄せられ、同署が住民らに注意を促していた。

 落下物があったとみられる2棟は高さ150メートル超、45階建て以上のタワーマンション。同署は「たとえ空のペットボトルであっても、危険なことに変わりはない」として、軽犯罪法違反の疑いで調べている。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR