真夏の夜空彩る3千発の花火 三浦納涼まつり

観客から大きな歓声があがった花火大会=6日夜、三浦海岸

 第35回三浦海岸納涼まつり花火大会が6日夜、三浦市の三浦海岸で行われ、約3千発の花火が真夏の夜空を彩った。実行委員会の主催で、来場者は10万5千人(主催者発表)。

 午後7時半の開始前から砂浜は観客で埋まり、沖の台船から夜空に大輪が打ち上げられると歓声が上がった。約40分間で打ち上げられた中には魚や大根、スイカをかたどったユニークな花火も。終盤に連続して打ち上がった花火が夜空を焦がすと、大きな拍手に包まれた。

 翌7日早朝には、実行委やボランティアによる会場周辺の清掃活動が行われた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR