夜空の大輪に歓声 神奈川新聞花火大会

花火が打ち上がるたびに、歓声を上げる招待客ら=横浜ワールドポーターズ

 車いすを利用する障害者や児童福祉施設で生活する県内在住の子どもたちや交通遺児らに神奈川新聞花火大会を楽しんでもらおうと、神奈川新聞厚生文化事業団と横浜インポートマートは4日、横浜ワールドポーターズ屋上(横浜市中区)に特別席を設置し、約450人を招待した。

 大きな音とともに色とりどりの花火が夜空に打ち上げられると、会場からは大きな歓声と拍手が上がった。藤沢市から訪れた武田かおるさん(50)と車いすを利用する賢太さん(24)の親子は「体に響く音で迫力のある花火を間近で見せてもらえて感激した」と喜んでいた。

 招待は今年で16回目。横浜薬科大学が特別協賛し、ワミレスコスメティックスとコロワイドが協力した。約60人のボランティアも会場の運営を手伝った。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR