鎌倉大仏、大修理へ年明けから調査 2カ月間拝観休止に

鎌倉大仏(奥)の保存・修理について説明する佐藤住職=高徳院

 鎌倉の一大観光名所で国宝の鎌倉大仏(阿弥陀如来坐像)で知られる高徳院(鎌倉市長谷4丁目)は28日、保存修理を目的にした大仏の調査などを来年1~3月の2カ月間で行うと発表した。大仏像は工期中、全体がカバーや足場で覆われ、拝観できなくなる。1959年から行われた「昭和の大修理」以来、半世紀超ぶりの事業となる。

 会見した佐藤孝雄住職によると、大仏像の外部と内部でそれぞれ高圧放水によるクリーニングや、損傷状況、金属状態、常時微動測定などの調査を行う。

 総事業費は約6500万円。国庫補助事業として国、県、市、高徳院で費用を負担する。調査の結果を受け、必要な修理内容などをあらためて検討するという。

 佐藤住職は、今回の事業を「50年に一度の健康診断」と表現。「参拝者や関係者には迷惑を掛けるが、ご理解をお願いします」と話した。

 鎌倉大仏は台座を含め全高13・35メートル。1238(暦仁元)年に木造で着工。大風で倒れたため1252(建長4)年に青銅で現在の像を鋳造した。1923(大正12)年の関東大震災では台座が崩れ、前方に傾くなどの被害が出た。

PR