【動画】空飛ぶ大山ケーブルカー|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【動画】空飛ぶ大山ケーブルカー

空を飛ぶ大山ケーブルカーの「おおやま」=11日午前8時6分、伊勢原市の大山ケーブル駅

他の写真を見る
 5月に引退した大山ケーブルカーの旧型車両「おおやま」の搬出作業が11日、伊勢原市の大山ケーブル駅で行われた。周辺の道路が狭く、輸送機器の乗り入れができないため、大型ヘリコプターでつり上げる異例の“空飛ぶケーブルカー”の演出となった。

 軽量化のため床や車輪、座席などが取り外された「おおやま」はヘリコプターのロープに引っ張られると、みるみる間に上昇。半世紀にわたり走り続けた全長約800メートルの線路を見下ろしながら、空を走り抜けるように山のかなたへと消えていった。

 駅近くの「こま参道」で土産物店を営む鈴木さん(84)は「開業したときからずっと地元で親しんできた車両。あっという間に行ってしまった」と、さみしげな表情で曇り空を見上げていた。

 同時に引退した兄弟車両「たんざわ」の搬出作業は、7月ごろまでに行われる予定。

PR